独学で弁護士になるには

>

いざ、独学で弁護士になるにはどうしたらいい?

司法試験の前に

まず最初に弁護士になるにはどうすればいいのかについてお書きします。

弁護士の職に就く方法。
その一番の近道は司法試験に合格する必要があります。
弁護士になるにはとても大事な司法試験です。
その司法試験をを受けるにはどうすればいいのか二つの方法をお話します。

まず一つ目は法科大学院に入学しその学業を修了することが条件です。
その前に法科大学院に入るには各大学院が実施する入試に合格する必要があります。
なので大学から大学院、そして法科大学院へと進むということですね。

もう一つの方法は司法試験の予備試験に合格しなくてはなりません。
センター試験のようなものですかね。
ちなみに司法試験の予備試験に関しては、受験制限は特に設けていないので何回も受けることが可能です。

独学の人はどうする?

こんなに時間もお金も労力もかかる弁護士への道ですが、はたして独学では可能なのか。

簡潔に言うと、なれないわけではありません。
前出のように司法試験の予備試験に合格すれば司法試験を受けるのは可能です。

しかし、法科大学院に通わずに弁護士になりたい人は絶対に司法試験の予備試験を受けないといけません。
逆に言うと法科大学院に通ってカリキュラムを修了さえすれば、司法試験の予備試験を受けなくていいということです。

その司法試験の予備試験の合格率は、なんとわずか3パーセントになります。
さらにそこから司法試験も合格しないと、弁護士にはなれません。

この3パーセントという数字からわかるように、司法試験は国家試験の中でもトップクラスの難易度になります。
なので、かなりの努力やモチベーションがないと難しいですし続けられません。


この記事をシェアする