弁護士は独学でもなれる?

独学で弁護士になるには

弁護士になりたい!でも、独学でなれるの?

では最初に、弁護士という職業がどんなものなのか、おおよその年収はどのくらいなのかについてお話しようと思います。 その二つに関して、なんとなく想像はつくかもしれませんが、詳しくはよくわからないという方が多いと思います。 これを読むと、イメージがわいて来るかもしれませんよ。

弁護士が受け持つ主な案件

次は、弁護士が一体どのような事件や案件などを取り扱っているのかを簡単ですが、お話したいと思います。 一口に弁護士と言いましてもさまざまな仕事や作業があるので、そこを紐解くと意外なことがみえてくるかもしれません。 そしてこれを期に弁護士という職業に興味が出てくるかもしれませんね。

いざ、独学で弁護士になるにはどうしたらいい?

それでは最後に、どうしたら弁護士になることが出来るのか、独学でなるにはどうしたらいいのかということについてお書きします。 どんな学校に行って、どんな試験を受ければいいのかなどに触れていきます。 これを読んで弁護士を目指す方が出てきたらいいなと個人的には思っております。

弁護士の役目と年収

世の中にはたくさんの職業が蔓延しています。
その中でも、金銭的にも立場的にも安定しているので今も昔も競争率が激しい職種も多数あります。
その代表格が「弁護士」です。

しかし、一口に弁護士になるといっても、当然学校に通ったり試験にパスする必要があります。
ただ、そんな時間もお金も無いという方も多いでしょう。
そういった方は学校に通わず独学で勉強して弁護士資格を取ろう、なんてことを考えたりもします。
果たしてそういう方法はあり得るのか、そして本当にそうやって弁護士になった人はいるのか、このページでは皆さんのそんな疑問にお答えします。

また、弁護士という職業がいまいち理解出来ない方や年収などを知りたい、普段はどんな仕事をしているか、どういった事件を取り扱っているかなどといった謎にも触れていきます。

これはどの職業にも共通していることですが、そう簡単にその職につけないし、ましてや弁護士なんて名前も責任もお金も大きい職業はそれだけその道も平坦ではありません。

このページを読んでみて、「よし、自分も弁護士を目指してみよう」と新たに独学での弁護士への道を志そうと決心した方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、独学となると普通に学校に行って勉強するより甘えが出てきますし、途中で面倒くさくなり断念するなんてことも珍しくありません。
なので、独学で取得というのは通常に取得するより非常に根気がいる作業です。
是非ともへこたれずに取得まで行って欲しいです。